読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

think rich

Azamiのギター、関普円のブログ。

道標

最近は昔に比べてCDを買うことは少なくなってきちゃったんだけど、なんだかんだ毎月必ず1枚は買ってるし、なんか良いペース。

 

全然欲しいCDに全部手は出せてないけどね。

 

新作ももちろん欲しいけど、掘り下げたりもしたいし。。。。

 

欲しいものはあげたらキリがないですね。

 

 

さてさて、CDを買うときに歌詞カードやブックレット読んだり、デザインの細かいところに注目してみたり、色々と「音楽を聴く」以外の楽しみ方ってあると思うんだけど、自分の中でその中で特に好きなのが「インタビューを読む」事だったりする。

 

雑誌とか買うのもそうだし、ライブハウスとかに置いてるフリーペーパーとかもそうだし、最近だと結構ネット上が主流な気もする。

因みにAzamiは今まで関西方面でローカルなバンドに焦点を当てて活動してる「puFF。」とDISK UNIONが毎月発行してる「FOLLOW UP」にてインタビューを受けさせてもらったことがあったりします。

 

昔からなんかインタビューが好きで、気になる記事とか、好きなバンドのインタビューはよく読んでたな。

基本的にインタビューは自分にとって「画面の中の人」達が受けているもので、その人の普段見せない一面だったりとか、頭の中をちょこっとだけ覗ける感じがして良い。

 

だから実際にインタビューを受けたときはちょっとテンション上がった。笑

 

Twitterでもつぶやいたんだけど、インタビューって「受ける側」は勿論「する側」もすごい重要で、規模が大きくなればなるほどインタビューアーの質問には感心する。

仕事としてそれで食っていっているだけあって、インタビューするバンドについて徹底的に調べて来てて、「受けてる側」の伝えたい事、言いたい事を上手く引き出してくれてる感じが凄い。

 

最近ってか、今回の記事を書くキッカケになったENDZWECKのインタビューも凄く良かった。

インタビューアーさんがCleaveのドラムさん(だよね?笑)で、前にその人が運営かな?してるサイトをちょくちょくチェックしてて、色んなインタビュー記事を読んだりしてたんだよね。

バンドに特化してるわけではなく、俳優さんへのインタビューとかも載ってるからすごい刺激的。

 

因みにここです。

CONTRAST

bachoのインタビューまだ読んでなかった…

 

今回みたいなインタビューの記事はお互いの事をよく理解している人同士で行われてる記事だから読んでて個人的になんだけどほっこりする。笑

インタビューの記事よく読んでるとたまにインタビューアーとの信頼関係があるからこそ成り立っている記事とかに出くわすこともあって、そういう記事は特に面白い。気がする。

 

 

自分達よりもずっと先に行ってるバンドのインタビュー読んでると「もっと頑張らなきゃな」って思います。

自分達よりも沢山の物を背負いつつもチャレンジ精神を忘れずに活動してて、色んな事に気付かされつつ凄い勝手に励まされてたりもしてる。

そんな大先輩がシーンの先頭に立って道を切り開いてってくれてる姿は本当にかっこいいと思うし、いつか自分もいつかこうならなきゃってなる。

 

インタビューって良いですね。

 

 

それが言いたかっただけです。笑

 

話が結構とっちらかったなあ~

 

また気が向いたら更新します~。

ふえんでした。