think rich

Azamiのギター、関普円のブログ。

平成3年生まれとして

俺は自分の世代を板挟み世代だって思ってる。

 

スマホyoutubeTwitterの普及で世の中の色んな価値観とか当たり前が変わって行くのをリアルタイムで感じながらその中で思春期を迎えたから。

 

スマホどころかインターネットもそんなに普及してない時代も何となく経験してるし、普及し始めた時代(今ね)も経験してるし、これから先の未来だって否が応でも経験する世代。

 

昔はライブの告知って言ったら当時全盛期だった魔法のあいらんどで作られたバンドのBBSに自分たちのイベントの告知をして回ったり、mixiの色んなコミュニティにイベントの告知をして回ったり、(今でもまだ根強く残ってるけど)フライヤーを直接ライブハウスに行ってお客さんに手渡しして集客してた。

それがスマホが普及して、Twitteryoutubeが一般的になってから告知の仕方が何となく変わって、バンドのアカウントを作って、レーベルに入ってなくても自分達でお金を出してMVを作ってyoutubeに公開して自分達の宣伝をして集客をするようになった。

 

それは凄くいいことだし、Azamiも行ったことの無い場所や国の人が自分達を知ってくれて好きって言ってくれるのが凄く嬉しく感じてたし今も感じてる。

 

でもどんどん普及するにつれて新しかったものが当たり前に変わっていくのも目の当たりにしてて、今となっては「バンド活動=TwitterとMV」でなんならMVが無いと活動しづらいみたいな傾向に変わりつつあると思う。

 

気になるイベントがあった時に好きなバンドが出てるけど他のバンドが知らないバンドだったら取り敢えずyoutubeでMV見て、気に入ったらそのイベントに遊びに行くって人もいるんじゃないかな?

 

自分より下の世代はそれがもう基本って感じな気がする。

事前に予習して、実際のライブでその曲を聞く。

 

それはバンドに限らずグルメとかもそうだし。

 

誰かのブログで、「消費者が"体験"の中に求めてるのは"未知なる体験"ではなく"事前に調べた情報を体験"することだ」って書いてあったけど本当にそうだと思う。

 

だからこそ1つの提案として俺が言いたい事があって、

たまには未知なる体験をしても良いんじゃないかな?って事。

 

別にそれを強要してるわけじゃないし、そっちの方が正しいとも思わない。

でも選択肢の中の1つとして未知なる体験を選択するのも面白いと思うんだよね。

 

「なんか聞いた事ないけどこのバンド最近名前見るなー。」とか、「今度行くライブに出るなー」って時に敢えて一切予習しないでいきなりライブを見る。

 

曲全く分からないけど、その瞬間瞬間に自分が感じた事に集中してライブを楽しむ。

 

別に言われなくてもそうしてるわ!!!って人沢山いるとは思うけど、未知の体験をあまり知らない世代もいると思うから、ライブって結構マニアックな楽しみ方もあるんだよーって伝えたかった。笑

勿論自分の元々好きなバンドに対してはそんなストイックな楽しみ方しないで普通に予習して普通に遊びに行って欲しいです。笑

 

 

でもまあ色んな情報が手に取りやすい時代だからこそ情報を頼りにするんじゃなくて、情報が無いことを頼りに体験しに行くのも楽しいよきっと。

 

まだまだ俺たちは大したこと言えるようなバンドではないけど、もっともっとライブハウスシーンが盛り上がってくれたらなって思うし、自分達でも盛り上げていきたいって思ってる。

楽しい事をボタンと画面を通じてシェアするんじゃなくて、みんなの五感を通じてシェアしていきたい。

 

古き良き楽しみ方と、インターネット上の楽しみ方両方をリアルタイムで思春期に経験してるのが俺たち板挟み世代だって思ってるからこんなブログ書いてみたけど、気付けば老害の一歩手前なのかもしれないと思いちょっと凹んだふえんでした。

 

後板挟み世代ってネーミングすげー適当につけたけど我ながらネーミングセンスなさすぎた。

 

ちゃんちゃん。

Azami 1st Mini Album "DAWN" Release Tour 2107

ツアー中に色々ブログを更新したりしようかなって思ってたんだけど、なかなか書きたい事とかまとまらなくってずーっと更新していなかったらもうツアーが17日のファイナルのみになってしまった。

 

ついこの前までいよいよリリースだ…とかいよいよレコ発だ…とかドキドキしていたのに、なんなら最近までいよいよファイナルシリーズが始まる…ってドキドキしてたのにもうファイナルシリーズの大阪と名古屋が終わって残す所東京編のみ。

 

どうしてもコンパクトなツアーにしたくなくって、ライブを沢山入れたくって、8月は2週間出っぱなしにしてみたり、ツアー中に他のバンドのツアーにもひたすら出まくってたら気付いたら40本ちょっと?レコ発の日からライブしてました。(笑)

 

初めての土地なのに待っててくれた人が居たり、何度も行った事ある場所だけど今作をお店で聞いて初めてライブに来てくれた人が居たり、毎回毎回来てくれる人が居たり、連休や休日を全部Azamiに捧げてくれる人が居たり、他のバンドのツアーの時に見て次来る時は絶対に見に行くぞ!って思ってくれて本当に来てくれた人が居たり、なかなかライブには行けないけど見に行くのを楽しみに仕事を頑張る!って人が居たり…

対バンのバンドも今までやった事のない地元のバンドと一緒にやってみたくって、基本各地のライブハウスにバンドのブッキングをお願いして居たら、Azamiが出るなら出たい!って言ってくれたバンドもいたりして、今までの自分達の活動が間違ってなかったのかな?って思える素晴らしいツアーでした。まだ終わってないけど。

 

嬉しい事、楽しい事も沢山あったけど、その分悔しい事だって沢山あったし、メンバー同士でぶつかる事もあったし、本当に山あり谷ありで…(笑)

そのお陰で気付けた事も沢山あった。

 

ツアーファイナルまで後1週間と4日。

ツアーで起こった色んな思い出をプレイバックしながら、最高のツアーファイナルになるように残りの数日間を過ごそうと思います。

 

今回のツアーが終わっても勿論活動は続けるし、新しい音楽も作り続けるけど、今回俺らが出した「DAWN」のリリースツアーは12/17が最後。

 

誰が何と言おうとそこで終わってしまう。

次は無い。

ツアーファイナル。

 

Azami 1st Mini Album "DAWN" Release Tour 2107」を最後まで噛締めようと思います。

 

あーツアー終わってほしくない。

 

ふえんでした。

 

f:id:thinkrich:20171124213043j:plain

 

www.azami-jp.com

ローカルプライド

ツアーの遠征最初のSailing Before The Windとの4日間が終わった。

凄く得られるものが多い4日間で、まだレコ発含めて昨日でツアー5本目だったのにとてつもなくドラマチックな4日間でした。

 

まだ始まったばかりなのにこれだと今回ツアーはどうなってしまうんだろう。

それくらい濃い4日間。ここから先が本当に楽しみです。

 

SBTWは凄いバンド。

細かい説明はいらないと思うし、音源聴いて、何よりもライブを見ればきっと俺が言いたい事は伝わると思う。

 

今回のツアーに帯同してもらうバンドには全部俺なりに思いとか考えがあって誘ってて、もしも俺たちのツアーに帯同してるバンドで知らないバンドが居たとしても来れるなら来て欲しい。

俺たちのライブを楽しんでもらうのは勿論なんだけどAzamiとそのバンドの間にどんなストーリーがあって、どんな想いがあってそのバンドをツアーに誘ったのか各々が自分なりに考えてくれたら嬉しいし、その意味に気付けた時によりその日のイベントを楽しめると思います。

 

Sailing Before The Windのみんな本当にありがとう。

 

 

大阪BRONZE、神戸太陽と虎、広島CAVE-BE、岡山Crazy MAMA 2nd room、それぞれの箱のスタッフの皆さん、出演してくれた地元のバンド、そして何よりその日のイベントを選んで来てくれたお客さん、本当に本当にありがとうございました。

 

また戻って来ます!

 

今回のツアーはより多くの人に自分達の事を知って貰いたいから、行ける限りではあるけどなるべく沢山の場所に行くようにしてます。

きっとそうしないと分からないこと、気付けない事、出会えない人がいると思うし。

色んな人に、バンドに、言葉に、想いに触れて、色んな事との出会いに溢れるツアーになるといいなあ。

 

明日からは山口、福岡、大分、長崎、小倉です。

迷ってる人、是非来てね。

 

関西の人は九州からの帰りで京都も行くからよろしくお願いします。勿論今月最後のライブは福島でONA FESなのでそちらは全国からお待ちしてます。

凄い日になりそう。

 

HPはコチラ↓

http://www.azami-jp.com

 

 

やっぱりツアーっていいなあ。

ふえんでした。

DAWNのティーザーが公開された!

です。

 

兎にも角にも、全曲ちょっとずつですが聴いて、歌詞読んで、Azamiの世界観に浸って下さい。

 

https://www.youtube.com/embed/uH-4TS5gdPA

 

 

前回出したLilacから(その間にスプリットも出してるけど単独作って意味で。)、Azamiの武器って何だろうとかとか自分のルーツとか自分の好きな音楽を改めて見つめ返してみて、自分なりに出した答えが今回の6曲です!

 

Lilac持ってる!(買ってくれた人ありがとう!)って人は前作からの変化をより楽しめると思うし、初めてのMVでもあるヘイトスピーチしか知らなかった人は凄いビックリしたとは思うけどそれでも良い!って思ってくれたならDAWNは絶対にチェックして貰いたい!

因みにLilacもまだ持ってない人居たら良かったら財布と相談しつつ買ってね。

リリースツアーでもLilacの曲はやるつもり!ってかやる!

http://tower.jp/item/4363227/

 

 

 

先行試聴で聴いてくれた人は分かると思うけど、今作は前作に比べてただキャッチーになっただけじゃなくて、ハードな部分もシッカリ残してるし1曲1曲に今まで以上に沢山の要素や想いを詰め込んだから。

 

インタビューして頂いた各社にて大体の事は話してあるからこの作品をより深く知りたい!って思った人は後日HPの方からも告知するから是非とも読んで下さいね。

 

http://www.azami-jp.com

 

ステージ上から皆がどの曲が一番好きなのかチェックするからツアーまでに聴き込んでツアーで好きな曲アピールしてね!

ツアーは迷ってるけど音源買ってくれてウズウズした人は是非ともどの曲が一番好きなのかアピールしに来て下さい。笑

 

今回のアルバムが皆の生活の一部になってくれたら嬉しいなあ。

 

 

ふえんでした!

 

見え方

8/2に新譜がリリースされるにあたって先週、昨日とインタビューを受けて来ました。

 

3誌でインタビューを掲載して貰える事になったんだけど、新譜に関してだったり自分達の事だったり色んな事を語れたと思います。

 

後々ホームページに情報掲載するから新譜も勿論だけど、インタビューにも目を通してみてください。(新しいHPの宣伝をしたいだけ笑)

http://www.azami-jp.com/

 

でもインタビューって面白いですよね。

俺は他の人のインタビューとか読むの好きで、聴いた事ないアーティストでもなんとなく面白そうだと読んだりします。

 

インタビューを読む事で曲をただ聴くだけでは分からなかったものが見えたり、興味無かった曲やアーティストそのものの見え方が変わって来たりしてその感覚が好きでネット上で色んな記事を読み漁ってました。

 

 

今迄はほぼインタビューは読み漁る側だったけど、いざ自分でインタビュー受けてみてもすごい楽しくて、すごく刺激的でした。

受けてる側が刺激的ってなんやねんって感じだけど笑

 

自分達の曲を冷静に分析される機会ってやっぱり少ないし自分達の曲がその人にとってどんな風に映ってるのかってちょっと気になってたりするから、インタビューを受けると少なからずインタビューをしてくれた人にとっては「こう言う風に映ってるのかな?」って思えてそれが楽しいんですよね。

このブログを読んでるレアキャラな人達の目にはAzamiの音楽ってどう言う風に映ってる?

 

今回のインタビューではAzamiの曲を聴くだけでは分からない所は勿論、人によってはインタビュー読んだ後に色々納得しながらAzamiの曲を聞けるんじゃないのかな?笑っても思うので、是非ともインタビューも読んでくださいね。

 

インタビュアーさん…好き…

 

裏方さん大好きな普円でした。

 

最後にまとめて告知!

 f:id:thinkrich:20170727123105j:image

 f:id:thinkrich:20170727123125j:image

リリースまで残り1週間、タワレコの一部店舗でDAWNの先行試聴してるから一足先に聴いてみてね。

f:id:thinkrich:20170727123231j:image

 

難しいことなのかもしれないけど

人それぞれ好きなものは違うし、興味を持つものも違うし、そこはお互いに尊重するべきだし良い事だと思う。

 

自分には理解できなくても、その人にとってそれが正義ならただ否定するんじゃなくて「こういう人もいる」って理解してあげるのが大切なのかなって。

まあ勿論自分が完璧にそれをできてるわけでもないし、まだまだ反省することも多々あるんですけど。

 

 

普段はそれぞれが別々の方向向いてていいし、反発し合ってても全然いいと思うんです。俺ら量産型のサイボーグじゃないし。意見の食い違いから口論になるのはしょうがないし。

 

それでも、普段は別々の方向向いてても、ある一定の条件下の時くらいは同じ方向向いてもいいんじゃないかなと思います。

 

例え思ってしまったとしても、そこで一度思いとどまらないとね。

発言がしやすくなって、言葉の重みが軽くなれば軽くなるほど命も軽くなっちゃうのかな。

 

今言ったことは自分でも気をつけるべきだと思うし、これからも気をつけようと思います。

 

なんて事を書いていたらこういう記事見つけました。読んでみてね。

www.barks.jp

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

久しぶりの更新なのに暗い内容になってしまった…

 

ふえんでした。

人生を変えた一枚。

俺です。

 

少なからず音楽を好きだって言ってる人にはどういう結果であれ「人生を変えた一枚」みたいなのがあるとは思いますけど、皆の人生を変えた一枚はなんですか?

 

 

なんて聞いておいて自分にとってはどれなんだろうとちょっと考えてみました。

 

BUMP OF CHIKENのユグドラシルなのか、はたまたSLIPKNOTSLIPKNOTか…

たぶん俺にとってはそれのどちらか。

 

もちろんそこから音楽を色々聞いてくにあたって「人生を変えていった一枚」にもどんどんであっていくわけなんだけど、BFMV、TRIVIUM、ATL…SOTY、ALESANA…HAMMOCKとの出会いも良かったな~

あとLUNA SEAね(笑)

 

毎年毎年数え切れないくらいのアーティストが数え切れないくらいの新しい音源を出していく中で、自分もぼちぼち出してるわけなんですが、自分の人生はもちろん誰かの人生を変える一枚を作れたらな~なんて不意に思ってブログを綴ってみたわけです。

 

はい。

 

もうちょっとだけ準備はするけどいよいよ明日からレコーディング。

ワクワクするな~。

 

曲を作っていくのもワクワクして大好きだけど、それ以上にそのワクワクしながら作った曲たちが形になって行く様を見るのは楽しいものです。

 

これバンドマンの特権ね。

 

今回のCDで自分の人生変わるといいな~なんて淡い願望は胸の奥にしまっておいて(謙虚な気持ち大切)、ちょっとでも多くの人の耳に届くように、ちょっとでも多くの人の生活を彩る音源になってくれるように頑張って良いギター弾いてきます。

 

そろそろ神経ピリピリさせる日々ともおさらば!!!

 

いや~、新しい音源楽しみだね~。

 

ツイッターやらこのブログ(多分更新しないと思う)やらで進展情報を報告できたらなと。

 

 

ふえんでした。