think rich

Azamiのギター、関普円のブログ。

ローカルプライド

ツアーの遠征最初のSailing Before The Windとの4日間が終わった。

凄く得られるものが多い4日間で、まだレコ発含めて昨日でツアー5本目だったのにとてつもなくドラマチックな4日間でした。

 

まだ始まったばかりなのにこれだと今回ツアーはどうなってしまうんだろう。

それくらい濃い4日間。ここから先が本当に楽しみです。

 

SBTWは凄いバンド。

細かい説明はいらないと思うし、音源聴いて、何よりもライブを見ればきっと俺が言いたい事は伝わると思う。

 

今回のツアーに帯同してもらうバンドには全部俺なりに思いとか考えがあって誘ってて、もしも俺たちのツアーに帯同してるバンドで知らないバンドが居たとしても来れるなら来て欲しい。

俺たちのライブを楽しんでもらうのは勿論なんだけどAzamiとそのバンドの間にどんなストーリーがあって、どんな想いがあってそのバンドをツアーに誘ったのか各々が自分なりに考えてくれたら嬉しいし、その意味に気付けた時によりその日のイベントを楽しめると思います。

 

Sailing Before The Windのみんな本当にありがとう。

 

 

大阪BRONZE、神戸太陽と虎、広島CAVE-BE、岡山Crazy MAMA 2nd room、それぞれの箱のスタッフの皆さん、出演してくれた地元のバンド、そして何よりその日のイベントを選んで来てくれたお客さん、本当に本当にありがとうございました。

 

また戻って来ます!

 

今回のツアーはより多くの人に自分達の事を知って貰いたいから、行ける限りではあるけどなるべく沢山の場所に行くようにしてます。

きっとそうしないと分からないこと、気付けない事、出会えない人がいると思うし。

色んな人に、バンドに、言葉に、想いに触れて、色んな事との出会いに溢れるツアーになるといいなあ。

 

明日からは山口、福岡、大分、長崎、小倉です。

迷ってる人、是非来てね。

 

関西の人は九州からの帰りで京都も行くからよろしくお願いします。勿論今月最後のライブは福島でONA FESなのでそちらは全国からお待ちしてます。

凄い日になりそう。

 

HPはコチラ↓

http://www.azami-jp.com

 

 

やっぱりツアーっていいなあ。

ふえんでした。

DAWNのティーザーが公開された!

です。

 

兎にも角にも、全曲ちょっとずつですが聴いて、歌詞読んで、Azamiの世界観に浸って下さい。

 

https://www.youtube.com/embed/uH-4TS5gdPA

 

 

前回出したLilacから(その間にスプリットも出してるけど単独作って意味で。)、Azamiの武器って何だろうとかとか自分のルーツとか自分の好きな音楽を改めて見つめ返してみて、自分なりに出した答えが今回の6曲です!

 

Lilac持ってる!(買ってくれた人ありがとう!)って人は前作からの変化をより楽しめると思うし、初めてのMVでもあるヘイトスピーチしか知らなかった人は凄いビックリしたとは思うけどそれでも良い!って思ってくれたならDAWNは絶対にチェックして貰いたい!

因みにLilacもまだ持ってない人居たら良かったら財布と相談しつつ買ってね。

リリースツアーでもLilacの曲はやるつもり!ってかやる!

http://tower.jp/item/4363227/

 

 

 

先行試聴で聴いてくれた人は分かると思うけど、今作は前作に比べてただキャッチーになっただけじゃなくて、ハードな部分もシッカリ残してるし1曲1曲に今まで以上に沢山の要素や想いを詰め込んだから。

 

インタビューして頂いた各社にて大体の事は話してあるからこの作品をより深く知りたい!って思った人は後日HPの方からも告知するから是非とも読んで下さいね。

 

http://www.azami-jp.com

 

ステージ上から皆がどの曲が一番好きなのかチェックするからツアーまでに聴き込んでツアーで好きな曲アピールしてね!

ツアーは迷ってるけど音源買ってくれてウズウズした人は是非ともどの曲が一番好きなのかアピールしに来て下さい。笑

 

今回のアルバムが皆の生活の一部になってくれたら嬉しいなあ。

 

 

ふえんでした!

 

見え方

8/2に新譜がリリースされるにあたって先週、昨日とインタビューを受けて来ました。

 

3誌でインタビューを掲載して貰える事になったんだけど、新譜に関してだったり自分達の事だったり色んな事を語れたと思います。

 

後々ホームページに情報掲載するから新譜も勿論だけど、インタビューにも目を通してみてください。(新しいHPの宣伝をしたいだけ笑)

http://www.azami-jp.com/

 

でもインタビューって面白いですよね。

俺は他の人のインタビューとか読むの好きで、聴いた事ないアーティストでもなんとなく面白そうだと読んだりします。

 

インタビューを読む事で曲をただ聴くだけでは分からなかったものが見えたり、興味無かった曲やアーティストそのものの見え方が変わって来たりしてその感覚が好きでネット上で色んな記事を読み漁ってました。

 

 

今迄はほぼインタビューは読み漁る側だったけど、いざ自分でインタビュー受けてみてもすごい楽しくて、すごく刺激的でした。

受けてる側が刺激的ってなんやねんって感じだけど笑

 

自分達の曲を冷静に分析される機会ってやっぱり少ないし自分達の曲がその人にとってどんな風に映ってるのかってちょっと気になってたりするから、インタビューを受けると少なからずインタビューをしてくれた人にとっては「こう言う風に映ってるのかな?」って思えてそれが楽しいんですよね。

このブログを読んでるレアキャラな人達の目にはAzamiの音楽ってどう言う風に映ってる?

 

今回のインタビューではAzamiの曲を聴くだけでは分からない所は勿論、人によってはインタビュー読んだ後に色々納得しながらAzamiの曲を聞けるんじゃないのかな?笑っても思うので、是非ともインタビューも読んでくださいね。

 

インタビュアーさん…好き…

 

裏方さん大好きな普円でした。

 

最後にまとめて告知!

 f:id:thinkrich:20170727123105j:image

 f:id:thinkrich:20170727123125j:image

リリースまで残り1週間、タワレコの一部店舗でDAWNの先行試聴してるから一足先に聴いてみてね。

f:id:thinkrich:20170727123231j:image

 

難しいことなのかもしれないけど

人それぞれ好きなものは違うし、興味を持つものも違うし、そこはお互いに尊重するべきだし良い事だと思う。

 

自分には理解できなくても、その人にとってそれが正義ならただ否定するんじゃなくて「こういう人もいる」って理解してあげるのが大切なのかなって。

まあ勿論自分が完璧にそれをできてるわけでもないし、まだまだ反省することも多々あるんですけど。

 

 

普段はそれぞれが別々の方向向いてていいし、反発し合ってても全然いいと思うんです。俺ら量産型のサイボーグじゃないし。意見の食い違いから口論になるのはしょうがないし。

 

それでも、普段は別々の方向向いてても、ある一定の条件下の時くらいは同じ方向向いてもいいんじゃないかなと思います。

 

例え思ってしまったとしても、そこで一度思いとどまらないとね。

発言がしやすくなって、言葉の重みが軽くなれば軽くなるほど命も軽くなっちゃうのかな。

 

今言ったことは自分でも気をつけるべきだと思うし、これからも気をつけようと思います。

 

なんて事を書いていたらこういう記事見つけました。読んでみてね。

www.barks.jp

 

ご冥福をお祈りいたします。

 

 

久しぶりの更新なのに暗い内容になってしまった…

 

ふえんでした。

人生を変えた一枚。

俺です。

 

少なからず音楽を好きだって言ってる人にはどういう結果であれ「人生を変えた一枚」みたいなのがあるとは思いますけど、皆の人生を変えた一枚はなんですか?

 

 

なんて聞いておいて自分にとってはどれなんだろうとちょっと考えてみました。

 

BUMP OF CHIKENのユグドラシルなのか、はたまたSLIPKNOTSLIPKNOTか…

たぶん俺にとってはそれのどちらか。

 

もちろんそこから音楽を色々聞いてくにあたって「人生を変えていった一枚」にもどんどんであっていくわけなんだけど、BFMV、TRIVIUM、ATL…SOTY、ALESANA…HAMMOCKとの出会いも良かったな~

あとLUNA SEAね(笑)

 

毎年毎年数え切れないくらいのアーティストが数え切れないくらいの新しい音源を出していく中で、自分もぼちぼち出してるわけなんですが、自分の人生はもちろん誰かの人生を変える一枚を作れたらな~なんて不意に思ってブログを綴ってみたわけです。

 

はい。

 

もうちょっとだけ準備はするけどいよいよ明日からレコーディング。

ワクワクするな~。

 

曲を作っていくのもワクワクして大好きだけど、それ以上にそのワクワクしながら作った曲たちが形になって行く様を見るのは楽しいものです。

 

これバンドマンの特権ね。

 

今回のCDで自分の人生変わるといいな~なんて淡い願望は胸の奥にしまっておいて(謙虚な気持ち大切)、ちょっとでも多くの人の耳に届くように、ちょっとでも多くの人の生活を彩る音源になってくれるように頑張って良いギター弾いてきます。

 

そろそろ神経ピリピリさせる日々ともおさらば!!!

 

いや~、新しい音源楽しみだね~。

 

ツイッターやらこのブログ(多分更新しないと思う)やらで進展情報を報告できたらなと。

 

 

ふえんでした。

注意深く見てみると、結局。

いつの時代だって、気持ちがこもってるものに人って引き寄せられるんだなって先週末のライブ2本をやって思いました。

 

28日の渋谷サイクロンも29日の越谷イージーゴーイングスも、「このメンツならお客さん来るでしょ」って安易なメンツではなくシッカリと「想いが通ってるメンツ」で、イベントを組んだバンドの想いがヒシヒシと伝わって来て、

両日共にこの日のイベンドに出れたことをとても光栄に思える1日だった。(勿論どのライブだってそう思ってますよ。ブログ更新のタイミングは気分なので拾いきれてない部分は許して下さい。笑)

 

勿論最低限の部分はあるけど、でも同じようなメンツだったとしても想いがこもってるかこもってないかで大分景色って変わるんじゃないかな?

最近はそう言うことをよく考えます。

 

CD聴いてあんまり好みじゃないような曲でも、インタビュー読んで、その曲の意図だったりこめられた想いを知るだけで好きになっちゃう事があるんだけど、きっとイベントだってそうだよね。

 

と言うか人が生み出す全ての物がそうか。当たり前なのかもしれないけど、どこかのタイミングで自分はその「当たり前」を見失いかけてた。

 

合理的な損得勘定だけのものは一時的には盛り上がってもきっとすぐ廃れてしまうから、今年はバンド活動においても、プライベートにおいても「想いがこもった物」を大切にして行きたいな。

 

 

皆も情報量が多過ぎて、全部は追いきれないだろうけど「その人がこめた想い」がどんなものなのか探ってみてはどうですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ってもうしてるか。笑

 

 

Azamiの新曲達にも色んな想いを詰め込んでる最中だから、皆の耳に届いた時は是非ともどんな想いがこめられてるのか注意しながら聴いてみてね。

こめられた想いがどんなものなのか探る労力を割くに値するような曲頑張って作るから、自分の琴線に触れた際は是非ともお願いします。m(_ _)m

 

以上、最近一個一個を疎かにしつつあった自分への再確認用のブログでした。

 

もうちょっと真剣に今年の抱負を考えてみよう。と思った。

Twitterの方では呟きましたが、改めて明けましておめでとうございます。

 

普円です。

 

 

さっき自分でAzamiのアカウントで呟いてみて思ったんですけど、今年の抱負の癖にふわふわしすぎてて全然したいことが伝わらないなと。

 

だから改めて考え直してもっと具体的な抱負をつぶやこうと思ったんですけど、そもそも今年の抱負をSNSに呟いてなんになるんだろう…とか思えてきてしまった…。

 

ので、やっぱり今年の抱負的なのは公式のアカウントから呟いたままにすることにしました。

 

 

個人的な目標であったり、成し遂げたいことも自分の中でひっそりと掲げてひっそりと実行しようと思います。

 

って事をわざわざブログで書く俺って何なんだろう…とか思えてきました。

 

すいません。

 

 

そうそう、そういえばこの前クリスマスに久しぶりにタワーレコードというものに行ってきまして久しぶりにCDを購入しました。

THEダメなバンドマン

ダウンロードでちょこちょこ買ってたりはしてたし、勿論そっちのほうが便利なんですけど、やっぱりCDショップに行くと新しい発見があるからいいですね。

今年は毎月2枚以上CDを買っていこうって思います。

 

 

ちなみにCDはノルウェーのHighasakite(ハイアズアカイト)というバンドとÓlafur Arnalds(オーラブル・アルナルズ)というアイスランドの作曲家のCD買いました。

 

一応youtube貼っておきますね。

 


Highasakite - Since Last Wednesday (Official Video)


Ólafur Arnalds - Particles ft. Nanna Bryndís Hilmarsdóttir

 

最近は北欧のバンドにお熱なんですが、いかんせん、読めない。

 

いや本当に。

オアブルさんの曲にfeatしてる方は同じくアイスランドのOf Monster And Menというバンドのボーカルなのですが(リンク載せますね。)、「ナッナ・ブリンディス・ヒルマルスドッティル」って読むらしいです。

 


Of Monsters And Men - Little Talks (Official Lyric Video)

 

そもそもどことってあだ名をつければいいんだ。

なっなの時点でむずい。

 

ってかPCだとなっなって打てない。なんなになっちゃう。

 

 

とまあそんなことはどうでも良いとして、今年は去年以上にたくさんの音楽に触れて、たくさんの良い音楽を産みだして行こうかなと目論んでるので、たくさんCD買ってみます。

 

いろんなバンド調べてよくMVとか見てるけど、意外とそのバンドの一番の見せ所ってアルバムの曲のそんな推し曲じゃない曲に入ってたりするからね。

 

色々とこのブログでも紹介するので、色々といいバンド教えてください。

 

透き通った綺麗な音が好きです。

それでいて切ないメロディーが好きです。

悲しいじゃなくて切ないってところがミソです。

 

なんかブログに載せたバンドでもしもこういうのも好きかな?みたいなのあったらガンガン教えてください。SNSでも実際に会った時でもなんでもいいので。

 

 

それではまたそのうち更新しようと思います。

 

またね~。